泥水エンジニア日記

泥水の数だけ強くなれる

『エンジニアのためのマネジメントキャリアパス』を読んだ

キャリアとかよくわかんねえよ、といいながらオフィスで檸檬堂を飲んでたら、お隣のチームの人がそっとこの本を差し出してくれたので読んでみた。

タイトルの通り、技術系の管理職に求められるスキルを解説した書籍。メンター、テックリード、エンジニアリングリード、技術部長、CTO (または VPoE)と立場が変わるにつれて、求められる役割がどんな風に変わるのかが知れて面白かった。

ぼんやりと思ってたことが明快な言葉で書いてあるのを目にして「やっぱそうだよね!」と膝を打つようなシーンがあった一方で、めちゃくちゃ耳の痛いことが書いてあってお腹が痛くなるシーンもあり、なかなか読み進めるのがツラかった。本に書いてあるアンチパターンを他ならぬ自分が踏み抜いてるなあと気づくようなシーンもあり、なんというか、今読んでおいて本当によかったなという気持ち。

読書メモはこんな感じ。

技術系の管理職は、辛いし、コード書けなくなるので面白くない、みたいなイメージが先行しがちだけれど、そういった先入観はいったん捨てて試しに読んでみると新しい発見があるんじゃないでしょうか。

で、読んでて辛くなってきたらとりあえず檸檬堂を飲みましょう。