泥水エンジニア日記

泥水の数だけ強くなれる

『Pragmatic Terraform on AWS』を読んだ

そろそろワシらも Infrastructure as Code とかちゃんとやらなきゃね、ってことで会社で Terraform 使うようになってきたんだけど、イマイチ使いこなせてる感がなくて。技術書展で売ってたこの本よかったよ、という噂を聞いたので読んでみました。

結論としては、すごくよかった……。

booth.pm

書名の通り「Terraform の使い方について学習しよう」という内容の本なんだけど、

  • 実際に手元で動かせるサンプルコードが豊富に用意されている
  • ECS Fargate などのマネージドサービスを組み合わせた今風のアーキテクチャを実際に作ってみる、という実践的な内容になっている
  • AWS を使う上でのベストプラクティス、アンチパターンについても触れられている
  • Terraform を扱う上でのベストプラクティスやモジュールの設計指針なんかについても書かれている

ので、ものすごく満足度の高い一冊でした。

第 2 部(4〜16章)の「実践編」の内容が特に素晴らしかく、珍しく写経などしてみたのでリポジトリを晒しておきます。 terraform apply できるところまでは確認したので、困った時にリファレンスすると色々役に立ちそうかなあ。

github.com

そして、うかうかしてたら商業誌版が発売されたようです。

電子書籍で技術書読むのがどうしても慣れなくて、わざわざコンビニプリントしてマーカー引きながら読んでたんだけど(老害)、そのせいで無駄に印刷費に 2,000 円くらいかかってて、そんなことするくらいなら商業版買えばよかったよね、っていう。

たくさん加筆されているそうなので、気になる人は買ってみるといいんじゃないでしょうか。老害からは以上です。