えらちおごはん

汚ねえメシ画像と学んだことのメモ

『Javaプログラマーなら習得しておきたい Java SE 8 実践プログラミング』を読んだ

Java SE7 までは経験ある人が SE8 の知識をつけるのに良い本ないかなー、と本屋を徘徊していたところ見つけた一冊。表紙はかわいいですが、中身は結構えぐくて、読み応えばっちりです。

いまさら僕が説明するまでもなく、 Java SE8 では、

  • Lambda
  • Stream
  • Optional
  • Date And Time
  • Completable Future

など、プログラミング言語やライブラリの機能が大幅に追加されています。

が、この辺のパラダイムについていくのって結構大変で、いつもの手癖で for 文書いたり if null 書いたりしがちだったりする。この本では、そういうプログラマのために、Java8 を導入することでコーディングスタイルがどう変わるか、 before と after を提示してくれるのでものすごくわかりやすい。after の形に書き換えることでどういうメリットがあるか(並列処理が高速になる、直感的なコードになる、など)とかもしっかり書かれてて便利。古の Java プログラマー老害化から救う本としては、これ以上の入門書はないんじゃないだろうか。

翻訳書特有のクセはちょっとあるけど、文章は簡潔で読みやすい。

純日本製の技術書と比べるとコードサンプルはやや少なめだけど、地道に写経しながら読み進めていくことで、 Java SE8 の考え方がしっかり身につく良書でした。老害にならずに済みそうでよかった。

以下はお勉強用のリポジトリです。

github.com