えらちおごはん

汚ねえメシ画像と学んだことのメモ

新しくMac買ったときに入れるやつ

自宅のMacに開発環境作るにあたって色々やったんだけど、だんだんとっ散らかってきたので一度整理してみることにする。

Atom

atom.io

インストール

公式サイトからダウンロードして、インストールすればOK。
ただ、このままだと気軽にMarkdownを書いたり、矩形選択したりできないので、適宜パッケージを追加する。パッケージの追加手順については、以下のサイトが詳しい。 www.kotalog.net

Ruby

本職はJavaだけど、Rubyも動かせておく必要があるので入れておく。
https://www.ruby-lang.org/ja/

インストール

Macの購入時に既に入ってるもんだけど、任意のバージョンのものを使いたいのでrbenv経由でインストールする。インストール手順については以下のサイトを参照。 morei.hatenablog.jp

Homebrew

brew.sh

インストール

Homebrewの実行のためには、Xcodeが必要となるため、まずはXcodeをインストールする。 https://developer.apple.com/jp/xcode/

Xcode本体をインストールしたら、一度立ち上げてライセンス認証を行う。
続いて、コマンドラインで使用できるようにするため、ターミナルで以下のコマンドを実行する。

xcode-select --install

インストールが完了したら、以下のコマンドでHomebrewをインストールする。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

必要なものをbrew install

MySQL

brew install mysql

その他、便利コマンド

brew install tree
brew install nkf
brew install lv
brew install wget
brew install imagemagick

Ruby on Rails

本職はJavaだけど、Railsも動かせておく必要があるので入れておく。 rubyonrails.org

インストール

Railsの標準のデータベースがSQLiteなので、事前にSQLiteを入れておく。

gem install sqlite3

また、Railsでアプリケーションを動作させるにはNode.jsも必要なので入れておく。
使用するにあたっては、Nodebrew経由でやるのが分かりやすいんだけど、手順がやや複雑なので、詳細は参考サイトに譲ることにする。
qiita.com

ここまで用意できたら、ようやくRuby on Railsのインストール

gem install rails

バージョン確認して、想定通りであることを確認できればOK。

rails -v

Java

java.com

Eclipse

eclipse.org

インストール

公式サイトから落としてくるのが一番早いんだけど、必要なプラグインを漏れなく入れていくのが結構しんどいので、Pleiades All in Oneの力に頼ることにします。
基本的には以下のサイトを参考に進めていけばOK。
qiita.com

あとは、SpringBootをボタン一発で起動できるようにするため、Spring Tool Suite(STS) for Eclipseプラグインをインストールする。こちらはここのサイトにいくつか記述があった。 kagamihoge.hatenablog.com

そもそもSpring Tool Suite使えば良いのでは、って気もしてるけど、その辺はこれからやってみて考えることにする。
他、入れといた方が良いものあったら教えてください。